川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

指定校推薦狙いのジレンマ③

で、上を狙えば頑張るけど

 

指定校推薦狙いで志望校を下げた場合

 

そのモチベーションはどうやって保たせるか

 

これはね

 

そういう道をしっかりと認めてあげる周りの環境次第かな。

 

松江塾では、定員厳格化が始まった瞬間から

 

指定校推薦狙いもがっちり伝えてバックアップする仕組みを作ってきた。

 

だからここ何年かは

 

圧倒的に指定校推薦が多いはずだ。

 

川女にも受かるレベルの子、さすがに下げて松女って例は少ないが

 

川高回避して単願川越東とか

 

川女受けずに淑徳とか

 

川女回避して和国とか

 

所北回避して川南とかね

 

 

先日英検の一級受かった子は、

 

当時偏差値70あったけど和国に行ったしね。

 

結果として英語に力を入れて英検一級取得

 

それを武器にしてAOだしね。

 

もちろん、回避せずにチャレンジして

 

落ちて私立に行く子達だって多いよ?

 

 

でも、そういう子達も

 

 

「じゃあ、私立で指定校推薦狙いだな」

 

と言って、春休み前から勉強をスタートさせる。

 

 

そういう環境が整ってれば

 

 

別にどういうルートを通っても同じ。

 

 

結局、受験前にどれだけのテンションで頑張るか、よりは

 

高校入学後にキッチリ成績出すほうが

 

 

よほどに大事なんだよね。

 

 

 

だから去年だって、

 

学年1位とか北辰70超えの子が

 

川女じゃなくて和国受けるって聞いた時も

 

 

「なるほどね。そういうルートで行くのね。」

 

 

ってすぐに理解できたし、止めもしなかったから。

 

で、いまトップだし。

 

他塾じゃ絶対に「それはない!!」って

 

全力で止められるはず。

 

 

松江塾では定期的にそういう先輩達が直接アドバイスくれたりするから

 

 

「大学のために受験校のランクを下がる」ってことに

 

生徒達の抵抗感は少ないかも。

 

 

もちろん、下げて指定校推薦取れなかったら?

 

 

という不安もあるだろうが

 

 

それは上位校に行って下位に沈むのも同じじゃない?

 

 

 

ね?

 

 

 

それよりも何よりも

 

 

前に立ちふさがるのが

 

 

「保護者のプライド」

 

 

なんだよねー

 

 

小さい頃から

 

 

「あなたの子供は頭がいい。川高行くんでしょ?」

 

 

って言われ続けてきて、

 

 

そう言われてなんかプライドくすぐられて

 

 

いい気分になってきた

 

 

そんな歴史があるわけじゃん?

 

 

それを今更

 

 

 

「川高は受けなかった」

 

 

なんて

 

 

ちょっと言えない…

 

 

そういう見栄?プライド?

 

 

 

間違いなくあるよね。

 

 

 

これから受験の人達

 

 

いい?

 

 

受験の結果が出るのは

 

 

3月初旬。

 

 

その時は周りにあれこれ言われたりするよね。

 

 

嬉しかったり

 

誇らしかったり

 

羨ましかったり

 

悔しかったり

 

 

 

でもね、

 

 

2ヶ月後には

 

 

世界は全くと言っていいほど変わってるよ。

 

 

あんなに合格が嬉しく、誇らしかったのに

 

 

指定校推薦はおろか、一般入試でも望むようなところには受からなそうな位置に…

 

 

もしくは

 

 

断腸の想いでランク下げて、トップ校に行った子達が羨ましくて悔しかったのに

 

 

このまま行けば早慶GMARCHか見える位置に!

 

 

たった2ヶ月半。

 

 

親の見栄やプライドなんて

 

 

そんな短い時間で関係なくなるから。

 

 

そんなことより大事なのは

 

 

合格発表の翌日から

 

 

ガチで

 

 

ガチで

 

 

ガチで

 

 

頑張ること。

 

 

 

結局は、それ。

 

 

 

もちろん

 

 

「欲」を待った「自学」で、だよ?

 

 

 

おいおいおい!!

 

 

勘違いするなよ?

 

 

カリッカリに上位でトップ校に受かる子達は

 

 

国立狙い一択だからね?