川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

浦和高校のトップ、どういうレベルか

三度の飯よりお笑いが好きな「ただのゲラお」こと我が息子

 

f:id:goumaji:20190713074148j:image

浦和高校に通う高3だ。

 

お笑いが好き、ということもあり

 

家族との会話も大好き。

 

そんなただのゲラおと話していると

 

「浦高の友達」が何人も出てくる。

 

当然、ゲラおよりも学力の高い子達もいるわけで

 

校内実力テストや駿台模試で学年1位とか、全国二桁、とか

 

驚異的な結果を出す子達もいるんだよね。

 

そういう子達のことが話題になると

 

その「やっているレベルの凄さ」が伝わってくる。

 

 

 

「鉄壁13周目」

「平日なのに8時間勉強」

「日本語より英語のほうが楽」

 

 

何回も書いてるから知ってる人も多いだろうが

 

松江っ子にも「浦高学年1位」がいた。

 

もう社会人だけどね。

 

このブログ上では「東大YT」として登場する子だ。

 

僕とは「夏期講習中のマリオカート」でライバルとして熱い戦いを繰り広げたことも記憶に新しい笑

 

松江塾での自学だけで

 

「浦高1位、東大文1現役合格」

 

文字で書いてしまえば数文字だが

 

その自学の様子は

 

今でもはっきり覚えている。

 

「いつも塾にいる」

「いつも全力の向こう側で集中している」

 

まさにこれ。

 

 

結局は、これ。

 

 

ゲラお曰く

 

「話しているだけで自分より頭がいいというのが分かる。そして、見ているだけで自分より頑張っているのも分かる。あいつらはトップで受かる。俺はビリで滑り込む。それくらい差がある。」

 

その子達の模試の全国順位を聞くと、

 

きっと「灘」とか「筑駒」、「開成」など子達と同レベルなんだと思う。

 

まあ、順位的には間違いなくそうだ。

 

一目で分かるほど図抜けた能力がある子達が、一目で分かるほど図抜けた努力をしている

 

それが全国トップクラス、というもんだ。

 

 

さあ松江っ子達

 

まず今から机に向かおう。

 

そして

 

教科書

問題集

 

開いてそこに飛び込もう。