川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

これ読むと大手塾が嫌いになる

僕は個人塾経営者

 

自分のできる範囲のサイズで

 

「これが子供を伸ばす!」

 

と信じていることを

 

信念を持って貫いている。

 

それができるのが個人塾だと思ってる。

 

でもね、

 

実は松江塾

 

規模から見れば個人塾の領域を超えている。

 

単純に生徒数だけを見れば

 

この近辺だと芳野中の2倍。

 

山田中とか野田中と同じ規模。

 

ネット上では

 

「個人塾じゃなくね?」

 

とか、いろいろ書かれてる笑

 

まあ、半数は完全無料の高校生だけどね笑

 

こうなってくると、

 

当然ライバルには大手塾もチラホラ出てくる。

 

でさ

 

僕の知り合いの先生で

 

「超大手塾」のエリアマネージャーまでわずか数年で上り詰めた人がいてね

 

その後独立して「尖ってないものがない」個人塾を作って

 

生徒に500点満点とか取らせてる

 

まあ、いわゆる

 

「超絶やり手」な先生がいるわけよ

 

他県でよかったよ

 

ほんとに…

 

で、その先生が

 

大手塾にいた時の経験とかを

 

たまにブログに書いてるんだけど

 

その中に

 

「うわっ」

 

って思う記事を見つけたんだよね。

 

大手塾が僕ら個人塾をどう見てるのか

 

そして、大手塾の経営方針っていうのが

 

本当によく分かる。

 

 

でもね

 

僕は大手塾の先生にも知り合いは多いんだけど

 

みんな、良い先生なんだよ?

 

熱いし

 

生徒の学力向上に

 

自分の全てを注いでる先生

 

本当に多い。

 

でもね、なぜかみんな「独立したい」って言うんだよね。

 

なんか、いろいろあるみたい。

 

大変だよね。

 

生徒と向き合いたいのに

 

会社のこともそれ以上に見ないといけない。

 

「組織の人間」

 

ってことなんだろうね。

 

 

だから、僕は

 

大手塾の先生たちは嫌いじゃない。

 

「同士」ですらあると思ってるよ。

 

 

でも、

 

 

経営体としての大手塾は嫌い。

 

 

 

大嫌い。

 

 

 

だって、こんな感じなんだもん

 

 

広告の綺麗な言葉の向こう側が見える見える

 

 

 

↓  ↓  ↓

 

大手塾から見た視点(その1) - 「県立上位高・茨大附属中合格専門」進学塾プロフェッショナル

 

↑  ↑  ↑

 

でも、なんか読んでからやる気出た

 

心の底から

 

負けない!って思った。

 

 

ていうか、

 

負けるわけがない。

 

 

だって、僕は生徒以外に意識を向けるものがないから。

 

 

生徒のことだけ考えていられるから。