学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

全てリセットされる

先日の息子の数学

 

22点だった笑

 

120点中、22点

 

自己採点通りだな笑

 

平均点は20点だったようだ。

 

数学がめちゃくちゃ得意で

 

普段105点とか取るような子も30だったというし

 

まあ、先生達からの愛のムチだな。

 

でね

 

その中で

 

「◯◯は0点だったんだよ笑。」

 

っていうその「◯◯」は

 

あの天下のあの国立高校を合格したのにも関わらず

 

蹴って浦和高校に来た子。

 

東大合格「率」で際立つあの高校に受かった子が

 

0点

 

もちろん、この子も立派な浦高生だから、この後の復活は間違い無いのだろうが。

 

何が言いたいか。

 

「中学の時にどれだけ勉強できても、高校に入ったら関係ない!」

 

ということね。

 

トップで入ろうが

 

ビリで入ろうが

 

結局はそこで必死に頑張らないと

 

あっという間に下位に転落するという現実。

 

これについて、昨日中3に話した。

 

受験まで1日も休まずに勉強するってことを伝えた話の中で。

 

 

高校に行くってことは

 

もっとハイレベルなことを学びたい!

 

ってことだよね?

 

だから、君たちが休めるのは

 

僕「高校入試が終わった日から合格発表までの間だけ。発表の後から、また毎日塾だからね。」

 

ゆうと「え、何やるんですか?」

 

僕「高校の予習だよ!特に数学!」

 

りょうへい「授業ですか?」

 

僕「自学に決まってんだろ!」

 

その話を聞いて

 

「えええーー!」

 

とか言う松江っ子はいない。

 

全員、「まあ、そりゃそうだろうな」という顔をしている。

 

 

高校入試に向けた勉強は、高校入試を突破するため。

 

それが終われば、役に立たないとは言わないが

 

これから勉強していくことの土台の一部に過ぎないんだよ。

 

それを忘れちゃダメ。

 

今からそのことをしっかり肝に銘じよう。

 

 

いいね?