学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

頑張れ浦高生!松江っ子!

数日前、息子が

 

「今回の数学、マジで激ムズ。20点くらいしか取れてないかも」

 

帰宅直後にしょっぱい顔をしながら言ってきた。

 

期末考査の話ね。

 

浦和高校の数学は

 

120点満点

 

息子は文系の数学SS選択

 

これは文系だけど、数学ができる子達のコース。

 

その息子が20点くらいとは。

 

彼は自己採点がかなり正確なので、

 

おそらく本当に20点くらいなんだと思う。

 

アホ娘なら確実に

 

「んー、できる問題は取れた!」

 

と恐ろしいことを言うだろうが笑

 

で、昨日

 

「まだ返却されてないけど、先生がSSの平均点は20点だと言っていた」

 

だって。

 

ひゃー

 

浦高生、鍛えられてるな

 

だって、定期テストだよ?

 

試験範囲が与えられて

 

しっかり勉強していってるのにね。

 

 

でも浦高生、特にSS選択の子達は

 

現役の時は

 

東大や京大、一橋を

 

併願私立なしの「国立一本」で挑む。

 

学校の先生達もそのことをよく分かっているから

 

あえてめちゃくちゃ厳しい現実を

 

これでもかっ!

 

と彼らの前に見せていくんだろう。

 

分かるか?

 

松江っ子達

 

特に、トップ校に進学していく子達。

 

君達が進んでいく世界は

 

そういうところなんだ。

 

期末が終わったばかりだから

 

想像しやすいんじゃないか?

 

2週間前に試験範囲が配れて、

 

しっかり勉強して本番に臨む。

 

で、本番当日

 

問題を見た瞬間

 

そこには

 

見たこともないレベルの問題しかない。

 

何とか必死で解くものの

 

解けたような気がする問題は数問。

 

結果、クラスの平均点は

 

16点。

 

しかもそれは、「できる子達だけの平均点」だよ。

 

でも

 

先生は涼しい顔で言う。

 

「これくらい解けないと勝負にならないよ」

 

賢い君達は

 

目標も高い。

 

でも、目標が高いと言うことは

 

当たり前だけど

 

大変だってことだ。

 

でも、どんなに高い山も

 

どんなに凄い人でも

 

乗り越えるには

 

一歩ずつ歩いていくしかないんだよ。

 

今頑張っているのも

 

その大切な一歩。

 

中学の定期テスト

 

400点超えてホッとしてちゃだめだよ。

 

なにその「ほっ」は。

 

何の安心材料でもないよ。

 

サッカーで言うなら、味方のパスをトラップできただけのレベル。

 

そこからパスを繋いで相手を抜いて

 

シュート打って点を取る。

 

そこまでやらないと。

 

まずは最低450点超え。

 

これは最低目標。

 

いい?

 

88点は「ー2点」

 

減点だと思いなさい。

 

次のテストは

 

3ヶ月半先だ。

 

上位10%以内に必ず入る!

 

ギリギリじゃなく、余裕で入る!

 

各中学

 

上位トップ10を

 

我らが松江っ子達だけで

 

独占する!

 

そして

 

全員で焼肉だ!

 

肉だ!