学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

分かってらっしゃる

昨日、A館でランキングテストの発送中、

 

僕のスマホが「ブィーン」と震えた。

 

見ると、メールが1通。

 

「お久しぶりぶりです。AYMの母です」

 

という書き出し笑

 

さすが松江塾の保護者の方だ。センスがいい。

 

僕のこのブログを読んでくれているようで、小学生のランキングテストを希望してくれた。

 

「孫にやらせるわけではありませんよ。教育ババになるつもりはありませんから」

 

 

もう、完璧だよね。子供が2人とも賢くなるのがよく分かるよね。

 

家庭内での会話のレベルが手に取るように分かる。

 

お兄ちゃんのRYGも、AYMも

 

僕と喋っててもよく笑うんだよね。

 

人と会話して笑える子って、絶対に家でも親と会話しててよく笑う子だと思うんだよね。

 

授業を聞いてる時も、本当によく笑う。

 

人が何か話す時、そこに「面白いことがおこる」という期待感を持てるんだろうね。

 

きっと、幼少期から親の口から「面白いこと」を受け取り続けてるんだと思う。

 

今の若いお母さんたち。

 

見てて少し不安になる。

 

子供が目の前にいるのに、ずっとスマホを見てる。

 

子供にとって、「お母さんはスマホを見てる人」にしか見えてない時間が長いんじゃない?

 

自分を言葉で楽しませてくれる人

 

こういう存在が身近にいないと、「人の話」に興味も期待も持てない子になりそうな気がする。

 

で、東大AYMのお母さんは何のためにランキングテストを希望したと思う?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「友人へのプレゼント」

 

 

 

もう

 

「さすが」

 

としか言えない。

 

 

なになに

 

東大生の親って、こんなに面白くてセンスのいい人が多いの?

 

 

まいった。