学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

松江塾の全保護者!教育ママたれ!

昨日、ランキングテストを取りに来ていただいた都内在住のママ。

 

バリバリの教育ママでした。

 

気持ちのいい教育ママでした。

 

松江塾の保護者の方々。

 

自分が正規の教育ママかどうか

 

確認する方法を教えます。

 

自分自身で試してくださいね?

 

あなたの子供が凄い点数を取ってきた時

 

誰かに言いたくて言いたくてムズムズするかどうか。

 

逆に悪い点数を取ってきた時

 

その怒りの矛先がテスト前の自分自身に向くかどうか。

 

これです。

 

教育ママ度のレベルは、この「ムズムズ」と「怒り」の大きさが決めるってことだね。

 

非教育ママは、子供の結果すら知らない、とか

 

良くても、「へー」くらい。

 

悪くても「自分がやらなかったのがいけないんでしょ?」くらいにしか考えない。

 

信じられないでしょ?

 

 

ちなみに我が奥様、教育ママだ。

 

小中学時、子供の返却されたテストを見て、「あー、これ!テスト前にもう一回確認させようって思ってたのに忘れたー!きゃー!!」

 

と身悶えしていた笑

 

どうかな?

 

さて、ここからが本題。

 

昨日、その都内在住のママからメールが来た。

 

そのメールをそのまま転載するよ。

 

もちろん、ご本人には了承を得ている。

 

この文面から本物の教育ママを感じ取ってほしい。

 

 

↓  ↓  ↓

 

 

今日は貴重なお時間を使って頂きありがとうございました。


あの後川越の街を少し散策し帰路につきました。風情があって素敵な街ですね。


…長男は生命力の強いふざけた子ですから私は軌道修正だけしていれば良かったのです。
対極の真面目な次男は私が言わなくても十分に頑張ってる、それでも目指す山はまだまだ高く…いつかこの子が壊れてしまうのではないかずーっとずーっと不安でした。
それが今日吹っ切れました。

 

…「次男、まだまだだな」


と。


ここにも先生に発破をかけられながらプライドをかけて必死に座を守り抜く本気な子がいっぱいいる。


往復4時間かけて私がランキングテスト以外に欲しかった事はそれを目でみて肌で感じたかったんだとわかりました。


生徒さんの純粋で真面目な表情に底力を感じます。次男ももっともっと突き抜けなければなりませんね。


それから私と同じようにランキングテストを希望した遥か遠くのママ達は「真島先生どんなだった?」って聞きたいはずです(笑)


「お噂通り、引き込まれてしまうほど目力のあるそして0.1秒で何でも見透かされてしまうスリル満点の素敵なイケメン先生です」とお伝えしたいです。


これからも松江っ子のご活躍を楽しみにしています。次男に共に戦う仲間が増えたようで嬉しく思います。
今日は本当にありがとうございました。

 

 

↑  ↑  ↑

 

 

どうも

 

スリル満点の素敵なイケメン真島です笑

 

 

松江塾の全保護者の方々

 

あなた方と同じ母親です。

 

パリッと着こなしたスーツの似合いっぷりからも、バリバリお仕事をされていると推察される方でした。

 

その方は言いました。

 

「正直、高校はどこでもいい。高校に入ってから本人がどれだけ頑張れるか。それが一番大事だと思っています」と。

 

まず、ターゲットを「大学」に定めよう。

 

難関大?ある程度以上の大学?

 

いえいえ

 

東京大学

 

僕は本気。

 

だって、たった2人だけだけど

 

松江塾という環境をフル活用して

 

東京大学に進学した子を

 

僕はこの場所で、この目で見てきたから。

 

「いやいや、うちの子なんて無理無理」

 

親がそう思ってしまった瞬間

 

子供の未来の一部が確実に消滅するよ。

 

逆に

 

これを読みながら

 

「メラッ」と

 

自分の中で何か熱くなるものを感じたなら

 

あなたの子供の未来、特に上に上がっていく階段の部分が

 

太く

 

強く

 

輝き出すよ。

 

いい?

 

東京大学に進学した子達

 

ずば抜けた才能があるわけじゃない。

 

見た瞬間に覚えたり、

一度覚えたことは忘れなかったり

全て暗算で解けたり

 

そんなものは何一つない普通の子だ。

 

嘘だと思うなら、AYMがバイトに入ってる時に、見に来ていいよ。

 

AYMと話をしたっていいよ。

 

あ、AYMは現役東大生の子ね。

 

高校生当時、毎朝松江塾で勉強してから川高に行ってた、って子ね。

 

話が逸れた。

 

この2人は

 

とにもかくにも

 

 

努力

 

努力

 

努力

 

努力

 

そして

 

努力

 

もう、それだけ。

 

特に高校生になってからの努力はまさに「想像を超える」ものだった。

 

これも、僕はこの目で目の前で見ていた。

 

それも全て

 

あなた方母親が「この子は東大に行くかもしれない。いや、行ける子にならせたい!」と強く強く思い続けたからなんだよね。

 

「やっと東大生の母親になれました」

 

AYMのお母さんからもらったメール、正直涙が出そうになったよね。

 

その「やっと」に

 

小5の時のAYMの姿が重なったよ。

 

あの5年生の男の子の向こう側に

 

しっかり目標を定めたお母さんがいたんだよね。

 

小学生ママ

 

まずはペナテスト全合格!

 

そして、ランキングテストトップ!

 

これを目指そう。

 

中学生ママ

 

ちょっと難しいけどペナテスト全合格!

 

そして、定期テスト学年トップ!

 

高校生ママ

 

高校はどこでもいいから、毎日「塾に行ってこーい!」と尻を引っ叩く!

 

その引っ叩く手に「東大に行けるぞっ!」っていう気持ちを入れ続けて!

 

 

 

あなたの宝物は

 

松江塾が

 

もっともっと輝かせる!

 

だから

 

あなた方は

 

自信を持って

 

教育ママたれ!!