学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

でね?

でもね、一番いいのは、

 

「制御できない」っていう状況を作らないことが一番じゃん?

 

これ、ちょー昔に楽天ブログに書いたな。

 

でも何千記事もあるから探さない笑笑

 

 

 

どうすれば制御できないのほどの反抗期を防げるか。

 

「可愛がる」と「厳しくする」のメリハリをつけられるか。

 

 

イメージは「放牧」かな。

 

広ーい敷地に、青々と繁った草木があって

 

まあ楽しい環境があるわけよ。

 

そこに温かい目で見つめる両親

 

いっしょに楽しく遊ぶわけ。

 

でもね、

 

その敷地の端にある「柵」

 

そこには先に毒が塗り込んである有刺鉄線

 

さらに何万ボルトもの電流。

 

「いいか、そこに触れたら死ぬぞ」

 

そう言いながら、鬼の形相で見つめる親。

 

当たり前だ。

 

その柵の向こうには、見たこともないような肉食獣がワンサカいるんだから。

 

その、越えてはならない「柵」の存在を

 

なるべく幼少期のうちから、ちょいちょい見せておくこと。

 

子供は可愛いよね

 

小さい頃ならなおさら。

 

毎日笑顔で向き合いたいね。

 

子供は素直だよね

 

そのまま育つと信じるよね?親なら。

 

でもね

 

素直なまま育ってる子って

 

見てて分かるくらい、親がきっちり締めるところは締めてるよ。

 

越えてはならない一線

 

それを幼少期からキッチリ作る!