学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

いろいろ聞けて楽しかった!

昨日の男子ご褒美焼肉

 

僕は中3と一緒に食べた。

 

メンバーは5人

 

初雁中、現1位

初雁中、1位経験者

第一中、現11位

第一中、1位経験者

富士見中、現1位

 

というメンバーだ。

 

異論はあるかもしれないが、やはりこの三中学が川越の中では一番平均学力が高い。

 

その中学で常に上位にいる子達

 

いったいどんな話をするか。

 

90%は学校でのくだらないエピソード話や、面白い友達の話だった。男子だけならではのエロトークも笑

 

「あいつはヤベーよ笑」

 

「ピーがピーだとやばくね?笑笑」

 

みたいなね。

 

でも、ちょいちょい僕も話題を落とす。

 

「爆裂中とか、どういう気持ちで勉強してんの?」

 

とか。

 

印象的だったのが

 

「基本的には、飽きますね。もう3回転目くらいでやることなくなる!」

 

「それな笑」

 

「俺なんて、同じ科目10分くらいしかできない笑」

 

「分からない問題にぶつかると心が折れる

 

こんな言葉がたくさん出てくる。

 

「あら、うちの子と同じじゃない」

 

そう思うよね。

 

でもね

 

こんなことを言っておきながら、彼らの勉強風景を見ると

 

「微動だにしてない」

 

んだよね。

 

3時間、彼らの姿を撮影して

 

それを高速で早送りにしたとするじゃん?

 

ほぼ、静止画に見えると思う。

 

それくらい、動かない。

 

でも動いてんだよね。めちゃくちゃたくさん。「脳みそ」が。

 

読んで、思考して、反復して

 

強烈に脳みそだけを動かしてるんだよね。

 

超上位にいく子と、そうじゃない子

 

何が違うか分かる?

 

テスト勉強は苦痛だよ。絶対にキツいはず。

 

しかも松江塾では「自分の力だけでやりなさい」と言われるわけだから。

 

次から次へと対策プリントをもらえるわけじゃないからね?

 

飽きたー、と思いながらも

 

能動的に取り組む姿勢。それが違う。そこに差がある。

 

これが目の前のテストで結果を出すし、入試でも、高校に入学してからもってことに繋がるんだよ。

 

昨日のあの席に座って会話に混ざってみたい!と考える保護者は多いだろうな。

 

変な教育セミナーとかにいくより、絶対に得るものは大きいと思う。