学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

上位%と偏差値の関係

松江塾にはいろんな中学から生徒が通ってくる。

 

当然問題も違うから難易度もバラバラ

 

範囲も違う

 

そして何より、生徒数が違う。

 

だから、同じ450点!とか12位!と言っても比べようがないのだ。

 

だから松江塾では「各中学の上位何%に位置しているのか」という基準を使う。

 

かつてのご褒美焼肉の基準は

 

「450点以上」

 

だった。

 

今回のテストでその基準を用いると「37人」しか焼肉に行けなくなる。

 

第一中の2年生の難易度が高かったのが原因だ。

 

これだと、不公平感が高くなるよね。

 

かつての松江塾は、3学年合わせて10人くらいしか450点を超えなかったから問題なかったんだけど

 

流石に今のシステムを作り上げ、高得点者がバンバン出るようになると

 

そうもいかなくなるじゃん?

 

だからこその上位%なんだよね。

 

ところで、この上位%は

 

偏差値にも換算できるよね。

 

おそらく、生徒や保護者の人には偏差値のほうが分かりやすいはずだ。

 

そこで、

 

「上位%の数字、偏差値で表すといくつなのか」

 

を書いてみたい。

 

あくまでも標準的な換算値ね。

 

数字は左から「上位%」「偏差値」の順ね。

 

 

0.13%  80

0.19%  79

0.26%  78

0.35%  77

0.47%  76

0.62%  75

0.82%  74

1.07%  73

1.39%  72

1.79%  71

2.28%  70

2.87%  69

3.59%  68

4.46%  67

5.48%  66

6.68%  65

8.08%  64

9.68%  63

11.51%  62

13.57%  61

15.87%  60

18.41%  59

21.19%  58

24.20%  57

27.43%  56

30.85%  55

34.46%  54

38.21%  53

42.07%  52

46.02%  51

50.00%  50

 

前に書いた、現高校生達の中学時代の上位%と偏差値、まさにピッタリリンクしてると思わない?

 

これで分かるよね?

 

定期テストに向けて本気で頑張るってことが

 

高校入試に直結するってことが。

 

頑張ろうね。