学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

凄い話!でも、リアルだよね

某私立高校の先生からメールが来た。

 

僕のブログを読んで、ということだった。

 

某私立高校の大学実績に関して

 

「あの高校は生徒1人につき、18校(学部)受験というノルマがある。」

 

その先生が複数の予備校関係者から聞いたそうで、かなり信憑性は高いとのこと。

 

大学受験って、いろんな入試形態があって受験料もバラバラ。

 

平均すると、25000円くらいかな?

 

それを18校だと単純計算して

 

45万!

 

受験料だけで45万!

 

ひゃー!

 

まあ、それはそれとして

 

その高校の生徒数と、ホームページで公開されている現役生の合格実績から計算すると

 

合格率は「11%」っていう数字が出てくる。

 

18校(学部)受験すると、2校に合格できるって感覚なんだよね。

 

え?それだけ?

 

って思うかもしれないが

 

難関大学はそんなもんだからね。

 

私立高校は大学合格実績が「商品の品質証明」みたいなもんだ。

 

それを徹底的に引き上げるのは

 

経営方針としては1つの正解だ。

 

塾も同じだよね。近所の大手塾は併願私立を必ず2校以上受けさせてるし。埼玉の受験システムではその必要ないのにね。

 

でも、それが塾の品質証明だから。

 

 

 

合格率は変わらないとすれば、「合格者数」を増やすためには「受験者数」を増やすしかないってことだよね。

 

いやはや、なんとも。

 

 

あ、ちなみに僕は高3当時

 

7大学8学部受験したんだよね。

 

当時でも、それは平均的な感じだったはず。

 

だから18大学(学部)って聞いても、とんでもなく常識はずれだとも思わないんだけどね。

 

でも「ノルマ」っていうのがね…

 

どこの高校なのかは、塾メールのほうで聞いてもらえればお伝えします。