川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

高順位、まずは何が必要なんだ?

昨日、上位10%以内の子達の結果を書いたが

 

当然ながら「あと少しで!」という子達も多い。

 

去年は最後の最後、強烈な追い込みで学年上位20%台ながら川高に合格した子がいる。

 

過去の生徒たちのデータを見ても

 

上位20%以内、というのは

 

川高川女、所北を目指す「最低絶対条件」だとも言える。

 

今回、その位置に入ったのは

 

11.7%

12.1%

12.3%

12.4%

12.5%

12.6%

12.6%

13.7%

15%

16.7%

16.8%

18.1%

19.4%

20.2%

20.5%

21.7%

21.9%

22.2%

 

18人もいる。

 

上位10%以内に入った27人と合わせると

 

45人

 

順位が判明しているのは73人なので

 

62%の生徒が上位2割程度以内に位置しているわけだ。

 

これはこれで凄いことなんだけれど

 

やはり「なぜ10%以内に入らないんだ?」という思いは強い。

 

今回、退塾が1人出てしまったのも保護者の方のこの思いがすべての始まりだ。

 

我が子ならもっと上なはず。

 

その気持ち、当然だ。

 

僕もそう思う。

 

昨日はその思いが弾けて、中2生達に僕の考えをぶつけた。

 

「10%以内に当たり前のように毎回入る子達と、10%台をフラフラする子達、一番の違いは何だ?」

 

何人かは自分の思うところを言ってくれたが、全部微妙に違う。

 

一番の違いは

 

「欲があるか否か」

 

である。

 

戦いのフィールドは「公立中学」

 

近所に住んでいれば誰だって通える。

 

学力で選抜された私立中学や高校じゃないんだよ?

 

ピンからキリまでいる。

 

テスト前、毎日テストに向けて勉強する。

 

毎日だよ?

 

直前の土日は合計20時間机に向かう。

 

それで何で10%以内に入らない?

 

そんなの、おかしくないか?

 

少なくとも週3日、君達と授業をしていて

 

それだけの時間本気で勉強しさえすれば

 

10%以内に入らない子なんて

 

1人もいないと思う。

 

「本気で」ね。

 

入ってない子は

 

「本気」が弱いと思う。

 

そして、その「本気」を引き出す「欲」が足りない。

 

松江塾に通ってくる子達は、良くも悪くも恵まれた環境で大事に育てられてきた子が多い。

 

戦わないんだよ

 

真面目に机に向かうし

 

自分のやるべきことをコツコツとこなしていく

 

それはほぼ全員ができてる

 

でも、その行動を起こす「動機」が

 

「欲」じゃないんだよな

 

「テスト前はそうすべきだから」

 

これなんだよね。

 

絶対に一位を取りたい!

 

絶対に焼肉に行く!

 

絶対にあいつに勝つ!

 

絶対に頭が良いと思われたい!

 

なんでもいいが、そういう「絶対に◯◯したい!」という「欲」が

 

勉強行動の根底にない。

 

もしくは

 

弱いんだよね。

 

いいか?

 

今回、全学年が焼肉基準をクリアーした。

 

40人くらいでぞろぞろ歩いて焼肉行くぞ

 

これはご褒美焼肉が復活してから初めてのことだ。

 

つまり確実に君達は進化している。

 

進化してるんだ!

 

間違いなく上昇曲線が描かれている。

 

描いたのは君達だ。

 

だったら、「その先」にも行けると思わないか?

 

その先の「最高到達点」は

 

塾生全員が各中学で上位10%以内に入ること!

 

できるだろ!

 

テスト前の3週間、毎日塾で勉強するんだぞ?

 

できないなんて、あり得ないよな?

 

やるぞ、松江っ子たち

 

君達は

 

できる