学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

さあ高1生達、分かったよね?

高校に入って初めての中間テストを終え、

 

高校における「勉強」というものの一連の流れが見えたよね。

 

予備校などでは、「学校の勉強だけでは難関大は無理」なんて聞くかもしれない。

 

確かに、それは正解。

 

しかし大学受験突破に必要な学習内容の「土台」であることは間違いない。

 

そして何度も話してきた「推薦入試の拡大」

 

これには学校の評定平均が全てだと言っても過言じゃない。

 

その評定平均は定期テストで決まる。

 

その定期テストが終わった。

 

で、どんな感想を持っているだろう。

 

おそらくほとんどの子が「テスト前の爆裂期間だけじゃ間に合わない」

 

っていうところじゃないかな。

 

その感想、大正解。

 

もう高校の勉強は「テスト前」という感覚を捨てたほうがいい。

 

いや

 

「常にテスト前」という感覚を持った方がいい。

 

高2、高3を見ていると

 

各高校できっちり上位にいる子達は

 

テストが終わったその日は来ない。

 

でも、その次の日からは普通に塾で勉強してるよ?

 

逆に、テスト前だけ姿を見せる子は

 

もう「推薦」の可能性はほぼない。

 

大学に行きたいなら、英検などの資格でキレッキレの結果を出すか、

 

もしくは下位大学の推薦を考えるか

 

茨の道である「一般入試」を考えるか、だ。

 

でも、定期考査の勉強すらやり抜けなかったのに

 

一般入試でMARCH以上?

 

無理無理

 

ね?

 

僕が授業やブログでギャーギャー言ってたことが

 

リアルに見えてきたでしょ?

 

テスト返却があると

 

「やってる奴は圧倒的に点が取れてる」

 

っていうのを目の前で見ることになるよ。

 

いい?

 

「あいつはレベル下げてこの高校に来たから、あの結果は楽になる出してるに違いない」

 

なんて考えるなよ?

 

今回の試験範囲、そいつが中学でやってきてたと思うか?

 

違うだろ?

 

結局、入る前の学力の差なんて関係ないんだよ。

 

新しい教科書もらいましたー

 

授業が速いですー

 

課題もたくさん出ますー

 

部活決めましたー

 

友達できましたー

 

小テストが頻繁にありますー

 

テスト範囲が伝えられましたー

 

テスト勉強しましたー

 

これまでのこんな日常の流れをみんな一緒に経験し

 

そして「差」が決定的につく。

 

どこで差がついた?

 

いいか?

 

このタイミングで!

 

ここで!

 

気づきなさい。

 

「毎日マックスパワーで勉強!」

 

高校生は

 

これが当たり前

 

そこに気付けて、今日から勉強始められれば

 

たとえ今回失敗したとしても

 

それは価値のある失敗だ。