学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

珍しい光景が見れた

我が息子と娘、基本的にはものすごく仲が悪い。

 

短気な息子とマイペースな娘

 

まあ、合うわけがないよね。

 

顔を合わせれば息子が娘の些細なところに腹を立て、

 

文句を言う。

 

娘はそれを心の底から「どうでもいい」もいう反応を見せる。

 

すると息子がさらにイラッとして…

 

その繰り返し。

 

しかし昨日は、数学で分からないところがある娘が

 

翌日の中間テスト本番にむけて質問をしていた。

 

僕は夕飯を食べながら聞いていたのだが

 

どうやら内容的にはそれほど難しいわけではなさそうで

 

いつもなら「お前、こんな簡単な問題も分からないのヤバくね?」などとドヤ顔で突っ込みを入れる息子なはずだが

 

昨日は、まあなんとも丁寧に教えていた。

 

内容だけじゃなく

 

「いいか?数学の解答は物語を書くイメージで書き進めろよ。数学教師は答えよりも途中経過のほうを重視するから。数字だけじゃなく、思考そのものを言葉で書け。」

 

だと笑

 

僕は奥様とチラチラ目線を合わせながら、ニヤニヤしながら聞いていた。

 

息子が生まれてもうすぐ18年。

 

娘は明日、16歳の誕生日を迎える。

 

その年月の中で

 

息子がお兄ちゃんらしく、娘が妹らしく振る舞っているのを見たのは

 

もしかしたら、昨日が初めてだったかもしれないな。