川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

難関大生には滅多に会えないよ

今日、バイトとして爆裂を手伝ってくれている大学生は3人。

川高から東大

川高から学習院

川越東から青山学院

この3人は偶然にも同学年。

松江塾には大勢の大学生バイトがいて

学年はバラバラ。

もちろん、全員が松江塾の卒業生だ。




多くの塾でアルバイトの大学生はいるが、

その大学生が全員その塾の卒業生で

しかも、全員が難関大学の学生だ、なんてことは滅多にないはずだ。





面白いデータがある。

いわゆる「難関大学

この近辺ではGMARCHあたりまで。

同世代に占める、これらの大学に通う割合は

11%

例えば近所の第一中、1学年は170人である。

その中の「11%」は、18.7人

約19人ということだね。

成人式で「よ!久しぶり!今何やってんの?」と聞いて

難関大に通ってるのは170人中、19人だけなのだ。

いやいや、ちょっと待て。

私立中学に進学した子達もいるはずだ。

上位私立中に進学した子達は、かなりの高確率で難関大に進学しているはず。

その人数を「3人」と仮定すれば

第一中から難関大に行くのは16人

どれだけしんどいか、分かる?

松江塾の小中学部に通ってくる子達は

目の前に塾の先輩としてのバイト大学生を日常的に見ている。

誰もかれもが難関大学の学生だ。

「そういう大学に行くのが当たり前」

そう思ってくれると嬉しいが

「なんとなくこの塾にいれば、そういう大学に自動的に行ける」

なんて思わないように。

みんな、本当に歯を食いしばって頑張ってたんだよ。

僕や斎藤君にキャーキャー言われながらね。