学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

ああ、それは良い例えだ

松江塾には沢山のアルバイト大学生がいる。

全員が松江塾の卒業生。

当然、シフト制なのでバイトしたい日に必ずできるわけでもなく

ほとんどの子がバイトの掛け持ちをしている。

カフェ

焼肉屋

配膳

そして

個別指導塾や家庭教師

先日、某個別指導塾でもバイトしている子から聞いた。

週一回、80分の指導だけで伸びるわけがない。

でも、保護者の要望はやたらと高い。

自分の子供だけを見てくれているのだから、上がって当然ではないか、と。

その大学生曰く、

小学生の時の夏休みのラジオ体操を思い出した。

とりあえず毎朝決められた時間に集まり、決められた体操をする。

でも、あれで体力はつかないばかりか、

保護者が「毎朝朝早く起こして行かせてるんださら、プロのスポーツ選手にしてくれ」

と要望してくる笑

無理に決まってる、だとさ。

良い例えだね。

個別指導、良い形態だとは思う。

もし僕が個別指導の講師をするとしたら、かなりの高確率で浦和高校とかに入れられると思うんだよね。

ただし、

月曜日から金曜日までは

午後5時〜7時と、8時〜11時の個別指導

土曜日と日曜日は

午前10時〜6時までの課題演習

午後7時〜11時までの課題に関する個別指導

これを1年間やらせてもらえれば、ね。



週一回、80分しか時間が与えられないとしたら

偏差値を50の子を51.5くらいにまで上げる自信しかない笑

それでも数字を引き上げてる先生達って

一体どうやってるんだろ

当然課題は出すじゃん?

その課題のチェックや分からなかったところの指導も80分の中でやって

さらに新しいことも教えて、問題を解かせて

で、最後に課題を出すわけでしょ?

そんなすごいスキルがあるの?

すごいよな