川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

賛否両論

ある中学の試験範囲について、ね。

あ、中1ね。

英語の試験範囲が

アルファベットの大文字と小文字

自分の名前をローマ字で

こんな感じだそうだ。

あと、何個か英単語が出るらしいが

いわゆる「超〜遅い」ってケースね。

これについてどう思うか。

松江塾の中1はプログラム6まで終えているけど

それは3月から英語ばっかりやってきた結果。

4月から初めて英語を教え始めた先生の立場に立てば

この、超〜遅いペースは

正解

だと思う。

かつて、とある中学で「鬼速」な先生がいた。

中間テストの範囲が、プログラム4の手前まで進んだ先生がいた。

多分、いろんな考えがあってのことだと思う。

松江塾も今年から英語のスピードを上げているよね?

少しでも早く、遠くまで行くためだ。

おそらく、その先生も同じことを考えてのことだと思うよ。

でもね

最初の最初

は、めちゃくちゃゆっくり「文字と音」が一致するまでやり込んだ方が、

後々のスピードアップを考えたら正解だと思うよ。

塾生からすれば

「これじゃ差がつけられない」って思うかもしれないけどさ。

大丈夫。

きっとこの先生、期末からめちゃくちゃ速くなるから笑