学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

とにかく読めるようになることが大事

小5の英語

中1、中2の教科書に出てくる英文を

音読!

音読!

音読!

にチャレンジ中である。

フォニックスを仕上げたので、これからはとにかく英語を見た瞬間に読めるようになることが大事。

ゴリゴリの文法は6年からなので

5年の1年間で、中学3年間の英語の教科書を

ある程度読めるようにしてしまおうと思う。

英文を読み、その横に書いてある和訳を読む。

どうしてその意味になるのか、細かいルールはさておき

英文!和訳!

の順で音読ね。

小中の全学年で英語を教えているとね

最も英語を苦手とする子は「ローマ字が読めない」

っていうパターンが多い。

ローマ字が読めないってことは、算数でいうなら数字が読めないのと同じ。

数字が読めなければ、数学は何一つできないよね。

足し算や引き算のルールを教えてもらっても

そもそも数字が分かりませんってことだから。

英語も同じ。

be動詞とか一般動詞のルールを覚えても

ローマ字もフォニックスも分からないんじゃ

「話にならない」

ってことね。

それを小5でバシッとやる。