川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

他県ナンバーがたくさんいると面白いよね

もうさ、子供が高校生とかになると

駅や塾への送り迎えの時くらいしか一緒に車に乗る機会がないけどさ

子供が小学生くらいなら、

ぜひ「車のナンバー」を会話のネタにして欲しいんだよね。

「足したり引いたりして10にする」っていうのは定番だけど

川越
大宮
春日部
所沢
川口
熊谷
越谷

埼玉だけでもこれだけある。

ちょっとした旅行や遠出の時に

「何種類のナンバーを見つけられるか」

「一番遠いところのナンバーを見つけた人の勝ち」

なんてやってみると、地理の勉強にもなるよね。

実は昨日、生まれて44年

初めて「春日井」ナンバーを見た。

最初は「春日部」だと思ったんだけど

ん?

んん?

春日井?

そんなナンバー、あるのか?

調べてみたら、平成26年から新しくできたナンバーなんだってね。

子供との会話では、「春日井って何県だ?」「じゃあ、その県には他にどんな市があるか?」

いろんな話に展開できるよね。

今はスマホ1つでなんでも調べられるから

助手席の人が正確な知識も伝えられるしね。

ゴールデンウィークも残りわずかだ。

ちょっとした外出の時でも今は驚くほど遠くから来ている車も多いよ。

昨日は川越駅近くで、

京都ナンバー
郡山ナンバー

この二台がすれ違ってたし!

冷静に考えたら、すごくドラマチックじゃない?

なんて感動を子供に伝えると

頭の中の地図がどんどん詳しくなっていくんじゃないかな?