川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

子育て、あっという間に暇になるよ

1つ前の記事でも書いたが

子供が2人とも高校生になると

親は一気に暇になる。

朝の弁当作りだけかな、てんてこ舞いなのは。

子供が生まれてから15年で、子育ての大変さは一区切りつくんだね。

もちろん、まだ大学受験が残されているから

そこに対する意識の大変さは残ってるけど

幼稚園や小学生時代の大変さってさ

「この先がどうなっていくのか見えない」

その中での子育てじゃん?

勉強で例えるなら

幼稚園や小学生時代は

迫ってくるテストについて

「いつテストなのか」

「科目はなんなのか」

「範囲はどこか」

それが分からないのに気持ちだけは「勉強しなきゃ!」って焦ってる状態。

でも、高校生になると

「テストは明日」

「科目は数学」

「範囲は因数分解

これが分かっていて、さらにもうすでに何回転か終えてる状態

そんな違いかな。

例えばさ、子供が川越高校に通っていて

ある程度以上の位置にいるとするじゃん?

そしたらさ、

よほど失敗しない限りはMARCH以上には行けるかなって

先が予測できるじゃん?

だから随分気持ち的に楽だよ。

中学生の場合でも、学年順位や偏差値の情報が何回か出ていて、

多分、川高以上には行けるんだろうな、って思えた瞬間

教育を子育ての中心に据えてきた家庭であれば

何か「すっ」と肩が軽くなる感じがするんだと思うよ。

でも、その「すっ」は

負担や不安が減る一方で「楽しさ」「充実感」も奪っていくんだよね。

よく奥様と話すんだけど

「子育てがある程度終わった時に、夫婦仲が良くないと最悪な時間がくるよね」

これね、間違いないと思うよ。