川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

高校時代の時間を何に捧げるか

今日、娘の試合を観に行った。

まあ当然のように負けたのだが、弱いなりに善戦したかな笑

娘の代は経験者も多いし、娘と同じクラブチームだった子もいるので、そこそこ戦えるチームになる予感はするね。

それはそれで。

実は僕がずっと観ていたのは、隣のコートでやっていた試合。

スコアを見て、目が離せなくなってしまったのだ。

僕が気づいたのは、奥様が「ねえ、向こうのコートの青いユニのチーム、全員身長大きくない?」

という一言がきっかけ。

その時点で「130-10」という圧倒的な点差。

高校名は書かないが、

勝っていた方が偏差値45くらいの公立高校
バスケの強豪校だ。

負けていた方は偏差値70くらいの私立高校
それこそ埼玉でもトップクラスだ。

僕が言いたいのは

偏差値が高いとか、低いとか

そういうことじゃなくて

限られた高校3年間を何に向けるかは人それぞれってこと。

バスケに青春を注いでいる子は、それが正解だし

勉強に青春を注いでいる子はそれが正解。


おそらく、戦いの場をバスケのコートから教室に移して

英語とか数学とかのテストをしたら

10-130

くらいの差になるんだろう。

あっという間に終わる高校3年間。

どうせなら、自分の得意な、自分が勝てる分野に一点集中で没頭してはどうだろうか。

一番ダメなのは

「一体、あなたは何に心血を注いでいるわけ?」

と疑問に思われちゃう奴ね。

別にバイトだっていいよ。稼いだお金は1円も使わずに、卒業したらそのお金で企業とかするなら

それはそれで凄いことだしね。


スポーツでも

勉強でも

何であっても、強烈な信念を持って突き抜けるために頑張ることが大事。


適当はダメだってことね。