学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

予備校の体験から見えてくるもの

息子の予備校探し

先日は河合塾の数学単科を体験受講

本人が希望していない集団授業だったが、同じ高校の友達もいたし、8人くらいのこじんまりした授業だったようで

「難易度は高め。予習メインで講義はその解説だね。」

だそうだ。当日行って、いきなり東大の過去問を渡されて講師から質問をされて

「分かりません」

と答えたそうだ。

本人曰く

「あれがいきなり答えられるんなら、そもそも予備校なんて必要ないでしょ」

たしかに笑

大量の予習課題が渡され、週一回の授業に向けて勉強してこい

そういうシステムだね。

今日は河合塾マナビス、という映像個別?のようなタイプに体験に行くようだ。

そこはとにかく自学ベースなのかな?

映像を見て、その後ブースで自学!

という流れかもね。

これは自学環境を必要としている子向けかもね。

映像授業はスタディサプリで十分なはずだから。

当たり前なんだけど

どこの予備校でも共通してるのは

「如何にしてもたくさん自学させるか」

ということに注力しているってことだね。

そりゃそーだ。

講義で賢くなりゃ誰も苦労しないから笑

さてさて

いったいどうなることやら。