川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

関係代名詞の滑り出し

中3は人生初の関係代名詞に突入。

今週の文系は模擬テストをやらずに、

全部関係代名詞などの後置修飾の授業にする。

全部で7コマ使えるかな?

流石に7コマ、同じような文ばかり繰り返していれば理解できるはずだ。

いい?

関係代名詞は学校では11月あたりに学ぶ内容だ。

学校準拠塾の一番のデメリットは

英語に関しては「入試直近まで入試の長文が読めない」ってことなんだよね。

だって、入試の長文には、関係代名詞だってバシバシ出てくるわけだから。

去年までは夏期講習の前半で関係代名詞を終えていたんだけど、

どうしても「学校準拠」っていうカリキュラムから離れられなかったんだよね。

だから二学期はまた分詞あたりから復習したりね。

でもそれだと

学校選択問題に「余裕」で取り組めるってレベルにまで到達するのに

凄く時間がかかってたんだよね。

夏休みは、もう最初っから私立高校レベルの長文も高速で訳せる!

ってところまで持っていかないと

英語でアドバンテージを作れないんだよ。

そうなると、理社に大きな大きな負担がのしかかる。

まあ、それでもいいんだけど

ギリギリの勝負になりすぎるじゃん?

特に、偏差値60前後の子達は。

塾の先生なら完全同意だよね?

だから

少々科目間のカリキュラムを捻じ曲げてでも、

英語でできるだけのアドバンテージを作るために

先に!

早く!

どんどん!

そうやって進んでいくよ。

さ、中1は本来の国語の授業を潰して英語だ。

一般動詞、三単現のsに入るよ。

中1英語のボスだよ。

年間を通して、学校の平均点が一番「ドスン!」と下がるところだからね。