川高川女合格専門! 爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

ネット中継で盛り上がり

元号「令和」

 

決まったね。

 

春期講習中、まさに小学生の授業中での発表であり

 

生徒達も「あと30分!」などと、授業に集中できる状態じゃなかったね。

 

それもそうか。

 

人生で何回も経験できることじゃないからね。

 

こういう時は、もう振り切った方がいい。

 

スマホを取り出し、ライブ配信のサイトを開き

 

5年生たちと一緒に新元号発表を見た。

 

ライブ配信日本テレビのニュース番組だったんだけど

 

画面の左端に「新元号発表まであと◯◯秒」とカウントダウンがあったから、生徒たちは大盛り上がりだよね。

 

でもさ、そんなのは大体の目安であって

 

官房長官が会見場に姿を現さなければ発表なんてされないじゃん?

 

でもそこは小学生

 

さすがである。

 

あれ?

 

時間になったのに発表されないよ?

 

とざわつき始める。

 

結局そこから数分経って、ようやく発表。

 

「令和、であります。」

 

実はこの「令」っていう字

 

小学生にとっては厄介なんだよね。

 

教科書体と活字体で違うから。

 

学校の教科書だとカタカナの「マ」みたいな書き方をするでしょ。

 

どちらも正解なんだけど

 

中には

 

「???」みたいな顔をしている子もいたね。

 

でも、新元号の発表を塾で見た、というのは

 

一生記憶に残るだろうね。

 

そして、新元号発表となるとお約束の

 

「平成のほうがしっくりくる」

 

の大合唱ね。

 

そりゃそうだ

 

僕も昭和から平成に変わった時に同じように感じたもの。