学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

新高2のモンスター達

あまり記事には書いていないが

 

今年の新高2はモンスター揃いだ。

 

高校受験としては

 

浦和に2人、大宮に1人、浦和一女に1人

 

市立浦和に1人、川高に3人、川女に4人

 

これらのトップ高校への合格率は全員合格の100%だった。

 

この子達、高校に入ってからどうなっているのか?

 

どんな高校にもトップがいればビリもいる。

 

浦和高校にだって、学年ビリの子は毎回確実に存在している。

 

その子だって、中学時代は「無双」状態だったはずだ。

 

でも、高校でビリ。

 

想像できる?

 

親の気持ちを想像してみてね。

 

中学時代、学年順位はトップ層に君臨。

 

保護者会や体育祭なんかで他の保護者に会えば、「頭のいい子の親」という定位置。

 

北辰偏差値だって70超えは当たり前。

 

そんな状態から浦和高校に合格、入学して

 

成績表を見ると

 

360人中360番

 

ビリ

 

 

 

ショック

 

まさか!

 

がっかり

 

真っ暗

 

 

 

毎回誰かはそういう気持ちになってるんだよね。

 

同じ学力の子が集まるんだから、きっちり頑張らないと誰だって下位に沈むんだよね。

 

勉強がある程度得意な子にとって、公立トップ校に入るのはそれほど難しいことじゃない。倍率だって大学受験とは比較にならないくらい低いしね。

 

でも、入ってからは「ガチ」の努力が「毎日」必要だ。

 

さて、今年の新高2

 

トップ校に進学した中でも頭抜けた子が4人いる。

 

現時点の駿台模試

 

東大にA判定、B判定、C判定

 

一橋にA判定、B判定

 

そんな子達が4人いる。

 

早稲田や慶応は余裕のA判定だ。

 

今年の新高3も東大や東北大、名古屋大や筑波大志望の子がいるが

 

その子達の高一の頃よりも格段に頑張ってるし結果も出している。

 

是非このまま突き進んで結果を出して欲しい!