学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

川越高校、浪人も加味して分析

近隣の高校に関して、ここ数年の平均浪人率を調べて、実際に何%くらいの生徒が合格してるのか書いてみる。

 

まずは松江塾に一番近い川越高校

 

平均浪人率は「45%」である。

 

んー、

 

川越高校は四年制って言われるのも分かるよね。

 

良いのか悪いのか、分からないけど

 

クラスの半分が浪人するなら

 

「俺ももう1年頑張ってみようかな」

 

って思うよね。

 

だとすると、例えば今年

 

浪人と現役を合わせて、「522人」の川高生が大学受験に挑んだことになる。

 

その子たちに占める、各大学群の合格率

 

まず、東京一工

 

8.4%

 

次に、筑波大等の関東近郊の国立大

 

5.6%

 

国立大は1人一校しか合格しないから

 

これがリアルな合格率だね。

 

なんだかんだ言って、国立大に合格できるのは

 

14%

 

ということ。

 

100人中、14人だけ。

 

厳しい世界だよね。

 

早慶上理は、

 

42.3%

 

でもこれは、一人でたくさん合格できるから

 

単純には考えられないね。

 

MARCHはなんと

 

76%

 

これは凄い。

 

近隣ではぶっちぎりの数字だ。