学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

難関大進学を希望する川越近辺の男子は、どの高校に行くべきか①

松江塾に通ってきてくれる男子達。

 

特に「勉強には自信あるぜ!」っていう子達は

 

浦和

大宮

川越

所北

大宮開成

川越東

栄東

 

への進学を希望する傾向が強い。

 

っていうか、ほぼ全員がこの中に収まるんだよね。

 

校風とか、部活とか、通学時間とか

 

いろいろ考慮に入れないといけない要素はあるが、やはり我が子が男の子なら「難関大へチャレンジ!」と考える保護者の方も少なくないのではないか。もちろん、僕もその1人だ。

 

さて、何回かに分けて、いま松江塾の小中学部に通っている子達は

 

よーく見て欲しいシリーズだ。

 

入る時の偏差値が「ほんの少し」違うと、大学合格の可能性がどれくらい変わってくるのか。

 

まずは、東大、京大、一橋大、東工大、北海道大、東北大、名古屋大、大阪大、九州大

 

この合計をランキング形式で並べてみる。

 

浦和  142

栄東  53

大宮  51

川越  44

大宮開成  17

川越東  11

所北  5

 

次に、筑波大、横浜国立大、東京外語大、東京海洋大、首都大東京、横浜市立大

 

この合計はどうか。

 

大宮  35

川越  29

浦和  20

栄東  14

所北  10

大宮開成  9

川越東  8

 

上記国立大の合計だと

 

浦和  162

大宮  86

川越  73

栄東  67

大宮開成  26

川越東  19

所北  15

 

こうみると、公立高校が強い!っていうのがよく分かるよね。

 

偏差値的には栄東もかなり高いんだけど、栄東は私大医学部に上位者が流れる傾向が強い。

 

要は、「お医者様のご子息」が多いんだよね。

 

僕の息子も栄東を受けたが、受験の日に他県ナンバーのベ◯ツをわんさか見たからね笑

 

なんかイメージ通りのおぼっちゃま達で、ため息がでた笑

 

公立上位校に通う男の子達は、「現役の時は私大なんて受けないぜー」っていう子達が本当に多い。

 

浦和とか川高なんて「4年制の高校」と豪語するくらいだしね。

 

それが良いか悪いかは別にして、そういう「国立特攻」の子達に支えられてる実績だとも言える。