学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

浦和高校の2年は

今年、東大合格者数で埼玉トップの浦和高校

 

現浪合わせて140人以上も旧帝大一工に進学するのだから

 

さぞかしハードな勉強生活を送っているのだろうと想像できる。

 

しかし、進路説明会に行った時、浦和高校の先生達は驚くほど熱くはなかった。

 

「何が何でも東大に!」

 

なんて全く考えていないようだった。

 

その理由が

 

「東大合格者が増えても我々教師の給料は変わらないから」だそうだ笑

 

確かにそうだよね。

 

公務員なんだから。

 

それでも「優秀な子供達に勉強を教えられることはこれ以上ない喜び」と感じている先生ばかりで、頭が下がる思いだった。

 

進路指導に関しては、「本当に行きたいところだけを受験しなさい」とだけ言うそうだ。

 

これも納得。

 

そう考えると、今年の明治大学の合格者数が爆発したのも、二浪は絶対に避けたい!という子達が大量に受けたんだろうね。

 

さて、次はいよいよ息子達の学年が受験生になる。

 

今年の高3は400人の学年だったので

 

合格者数が伸びるのも当たり前。

 

来年は今年よりも40人少ない。

 

同じレベルでは絶対に数字は減るよね。

 

でもね、さっきも書いたけど

 

浦和高校は進学者数でどことも競っていないんだよね。

 

さて、話は題名に書いた通り。

 

今、息子達の学年は何をやっているか。

 

ちょこちょこ聞くと、英数国に関してはもうすでに高3までの内容を2回転くらい終わっているそうだ。

 

そして東大や一橋など、志望校別に講座があり

 

過去問や傾向の似たところの問題を解きまくっているそうだ。

 

今のところ、殆どの子が「手も足も出ない」らしいが、この時期からそのレベルの問題と戦っていくわけだから、実績出るのも納得かな。

 

でもね、ここに至るまでの授業スピードは

 

はっきり言って「やりすぎ」笑笑

 

いくらなんでも速すぎだと思う。 

 

数学なんて、50点取れないと再テストなんだけど、クラスで再テストじゃなかった子が2人、とかでもスピードもレベルも落とさないんだよ?

 

鍛えれば鍛えただけ伸びるってことだね。

 

松江塾も見習わないと。