学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

川越市の学力、やばい?②

次は算数だね。

 

川越市で塾を開いている立場では、かなり落ち込む数値だ。

 

でも、生徒には「伸びるにはできないところをできるようにする」と言い続けている。

 

まずは「できないところ」「欠点」を見つめないと始まらないね。

 

算数Aについて。これは主として知識を問う問題がメイン。全国平均は「63.5%」

 

和光市  67%

熊谷市  66%

三郷市  66%

さいたま市  65%

朝霞市  65%

戸田市  64%

全国平均  63.5%

蕨市  63%

越谷市  63%

草加市  62%

志木市  62%

ふじみ野市  62%

上尾市  61%

川口市  61%

川越市  60%

八潮市  60%

坂戸市  60%

吉川市  60%

富士見市  59%

 

心が折れそうだけど、東京23区の1位と比べてみよう。

 

トップは千代田区と文京区。またか笑笑

 

その正答率は「77%」

 

川越市との差は「17%」

 

もう、許してください笑笑

 

次、算数B。これは主として活用に関する問題がメイン。数学的な思考力がどれだけ複雑なところまで働きますか?ってことね。全国平均は「51.5%」。

 

和光市  55%

三郷市  55%

さいたま市  54%

熊谷市  54%

戸田市  53%

朝霞市  53%

蕨市  52%

全国平均  51.5%

越谷市  51%

吉川市  51%

川口市  50%

草加市  50%

志木市  50%

八潮市  49%

ふじみ野市  49%

上尾市  49%

富士見市  48%

坂戸市  48%

川越市  47%

 

さてさて、東京23区のトップとの比較。もう心は折れてるけどね。

 

でも、大学受験はそういう層の子達と戦うわけだから、敵を知らないと前に進めないから。

 

1位は、文京区。正答率は「68%」

 

川越市との差は「19%」。なんか、嘘みたいだよね笑笑

 

ここまで書いてきたけど、気づいたかな。さいたま市とか、東京23区とかと比較してどうのこうの、じゃなくて、川越市は全部全国平均を大きく下回ってるってこと。

 

つまり全国的に見ても、「勉強できない子が多い」ってこと。数字ではっきり出ちゃってるんだよね。

 

一応、さいたま市と比較してみるね。

 

算数A

 

さいたま市  65%

川越市  60%

 

算数B  

 

さいたま市  54%

川越市  47%

 

うーん

 

なんとも…