学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

川越市の学力、やばい?①

文部科学省「平成30年度全国学力調査」の結果を見て驚いている。

 

川越市の正答率が他の市に比べて格段に低いのだ。

 

前に書いたが、さいたま市の高校に比べて、西部地区の高校の大学進学実績が悪い。

 

このデータはそれにも繋がるんじゃないかな。

 

ちょっと書いてみる。データは「リクルート」調べね。正答率の高い市から並べる。

 

まず、国語A。これは主として知識を問う問題がメイン。全国平均正答率は「70.7%」

 

さいたま市   74%

戸田市  73%

朝霞市  73%

和光市  73%

熊谷市  72%

越谷市  72%

蕨市  72%

志木市  72%

三郷市  72%

川口市  71%

全国平均  70.7%

上尾市  70%

草加市  70%

吉川市  70%

ふじみ野市  69%

八潮市  68%

坂戸市  68%

富士見市  67%

川越市  67%

 

ちなみに、東京23区で最も高い正答率は文京区と千代田区。その正答率は「82%」である。

 

川越市との差は「15%」なんだこりゃ

 

次に国語B。これは主として「活用」に関する問題がメイン。全国平均は「54.7%」。

 

さいたま市  58%

三郷市  57%

熊谷市  57%

和光市  56%

越谷市  55%

蕨市  55%

戸田市  55%

朝霞市  55%

全国平均  54.7%

吉川市  54%

川口市  53%

上尾市  53%

草加市  53%

川越市  52%

志木市  52%

ふじみ野市  52%

八潮市  51%

富士見市  51%

 

東京23区の1位はこれまた文京区と千代田区。正答率は「66%」

 

川越市との差は「14%」。もう笑うしかない。

 

ここでもう一度、さいたま市川越市の数字だけ見てみる。

 

国語A

 

さいたま市  74%

川越市  67%

 

国語B

 

さいたま市  58%

川越市  52%

 

これは明らかにヤバいよね。

 

次の記事では算数について書いてみるよ。