学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

何とか食らいついて欲しい

高校部のコース選択について。

 

昨日で申し込みを締め切った。

 

週6日のAコースには

 

高3  9人

高2  4人

高1  14人

 

週2日のBコースには

 

高3  1人

高2  8人

高1  14人

 

が申し込んでくれた。

 

高2や高3には予備校に通っていて、そこの自習室をメインの自学場所にしていたり、浦高のように◯4時間営業の高校では学校をメインの自学場所にしている子もいる。

 

だからAコースは若干減る。

 

しかも、もう自分の進路から「勉強」を外してしまっている子もいる。

 

べつにそれはそれ。

 

自分の人生を自分で正解にしなさい、と常々言ってきてるから

 

自分の道を決めるのが早いのは良いことだ。

 

さて、新高1。

 

高校決定の勢いでコースを決めた子もいるだろうが

 

ぜひ!

 

コース降格になることなく、きっちりと毎日勉強してもらいたい。

 

まずは1学期の中間考査まで、とにかく苦しくても疲れてても頑張りぬこう。

 

実際、最初の考査で「よし、高校でも行ける!」か「あー、やっぱり高校はキツイや」かに分かれる。

 

僕からみていると、それは単に

 

「どれだけ入学前から、入学直後から頑張ったか」の結果にしか見えないのだが

 

「やっぱりダメだな」

 

と感じてしまう子は自分の不勉強を棚に上げて、「どうせ自分は下位のほうで入ったから…」と、自分の限界を決めちゃうんだよね。

 

こうなると、這い上がるのは不可能。

 

いい?

 

 

なんだよ。

 

正直、「次、頑張ろう」という気持ちを高校の勉強スピードと勉強量は、いとも簡単にへし折る笑

 

ここに書いたことは

 

どの高校に行くかは関係ないからね。

 

初志貫徹!

 

頑張り抜いて欲しい。