学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

単純比較はできないけれど

先月あたりから、各大学の高校別合格者数を書いている。

 

え!あの高校、頑張ってるね!

 

まじ?あの高校、そんなに少ないの?

 

まあ、いろいろな感想を持つだろう。

 

高校の大学合格力は毎年毎年見ていると、それほど変化がないように思うが

 

5年、10年というスパンで比較すると

 

結構大きく変わってるんだよね。

 

だから、「俺らの頃とはまるで違う」という感覚を持つ保護者も多いはずだ。

 

まず、我が子の高校選びの際に

 

「俺らの頃の感覚」

 

は完全に捨てた方が良いかもしれないね。

 

さて、

 

大学合格者数に関してだが、

 

人数だけで単純に合格力を比較することはできない。

 

なぜか。

 

当然「分母」が違うからである。

 

例えば川越女子高校。

 

卒業生は360人程度である。

 

それに対し、今年ぶっちぎりで目立つ大宮開成

 

卒業生は640人もいる。

 

単純計算で、「1.8倍」である。

 

だから、まず川越女子からの合格者数を「1.8倍」することは必要だね。

 

そうすると、実はそんなに大きな違いはないって大学もあるはずだよ。

 

そしてさらに「現役生だけだとどうなの?」ってことも大切。

 

これに関しては今の時点では全く不明。

 

4月半ばあたりには書けるかなーってところだね。

 

その高校からの大学合格者数は、高校選びの大きな大きな指標の1つになる。

 

でも、

 

単純比較はできないってことと、結局はどこに行っても本人の努力次第ってことを

 

忘れちゃいけないよね。