学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

小6ランキングの文系について

一個前の記事に今回のランキングテストの結果を貼り付けた。

 

僕が担当している文系科目について、ちょっと思ったことを書いてみたい。

 

6年生たち、その保護者の方はよく読んでもらいたい。

 

まず国語

 

平均点は「72.4点」だった。これが中学のテストであれば、かなり簡単なテストだったと言える。

 

この内容を親から聞いた6年生達は「そんなわけない!めっちゃ難しかった!」と言うだろう。間違いなく。

 

まず文章問題を2つ出した。小説と評論を1つずつ。配点は合計50点

 

これは埼玉の公立入試と同じだ。

 

中1の、かなり難しいレベル設定での出題だった。でも、結構できてたかな。

 

そして、20点分の漢字や慣用句、ことわざなど。

 

これも埼玉の入試に近づけてみた。

 

レベルとしては、中学入試問題と同じくらい。

 

これに関しては事前に配ったプリントから抜粋したので、正直全員に満点取ってもらいたかった。

 

残る30点分が、今回のメイン。冬期講習からめちゃくちゃ丁寧に授業で取り組んだ「用言」について出題。

 

問題は全て初見。全て中2レベルからの出題だった。

 

事前にプリントは配ったが、テストはそのプリントからは出題しないと伝えてあったので、自分で文法問題集を買って取り組んでいる子も多かったみたいだね。

 

さて、これで100点満点。

 

おそらく、小学校で結構うちの子は勉強できるだろうな、と思っている人でも

 

事前の準備がなければ50点も取れない内容だと思う。特に文法は。中学受験をする子であれば、レベルにもよるが初見でも8割くらいは取れる子がいてもおかしくはないかな。

 

そのレベルの問題で、平均70点超えは今年の小6の「ガチさ」がよく表れていると思うよ。

 

僕は大いに褒めてあげたい。

 

次に英語。

 

平均点は「88.6点」だった。

 

もーね

 

この英語に関してね、僕は嬉しすぎるわけよ。

 

マジでめちゃくちゃ嬉しい。

 

ほんとに。

 

みんな、さいこー!

 

問題知ってる保護者の方なら、この平均点は驚異的だと分かるよね?分かりますでしょ?

 

今回の英語の試験範囲は

 

教科書のプログラム4の手前までの「全文」「全単語」の完全暗記。

 

全て日本語を英語にする内容だ。

 

本文はもちろん、挨拶も単語も数字も曜日も

 

ぜーんぶだよ?

 

凄くない?

 

それで平均88点って…

 

範囲的には、中1の1学期、期末テストの半分くらいまでだからね。

 

マジで凄い。

 

本当に凄い。

 

あのね、ちょっと英語やってますー

 

っていうレベルの子なら、20点くらいしか取らないよ。

 

だって、英会話を少し気合い入れて習ってる程度の子って

 

単語書けないもの。

 

でしょ?

 

いやいやー

 

みんな、本当に頑張った。

 

保護者の方、めちゃくちゃ褒めてくださいね。

 

おそらく、もう英語に関しては「めちゃくちゃ得意!」という状態で中学生活をスタートできます。

 

大丈夫です。