学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

正解がないから迷うんだよ

塾選び、高校選び、大学選び

 

迷うのは当たり前。

 

だって、唯一の正解っていうものがないんだから。

 

中学で学年トップを走り続け、公立トップ高に入り、部活を頑張って、一浪して東洋大

 

中学では上位だったが、2番手の公立に落ちて私立へ。部活もやらずに勉強し、現役で早稲田へ。

 

中学ではトップクラスキープ。公立トップに行って、現役で明治へ。

 

中学では常に1位か2位。公立トップで高3の12月まで部活に全力。現役で慶應へ。

 

 

 

はい

 

どれが正解?

 

現役で慶應の子かな?

 

でも、保護者の人は部活に意識のいきすぎる子供に3年間頭を悩ませ続けてたよ?

 

その時点では、「部活の緩い私立に行かせておけば良かった」とも言ってたよね。

 

もう、分かってるとは思うが

 

これは全部松江塾の卒業生だ。

 

一体、正解って何?

 

順番つけられる?

 

ちなみに、一番上の子は

 

誰もが知る一部上場企業でバリバリ働いてる。

 

就活では大学時代に身につけたいろんなスキルが内定の決め手になったみたいだね。

 

結局は、「今全力で頑張れていること」が大事なんじゃないか?

 

川高受かって、全く勉強しなくなってダラダラしてるんなら、川高合格は失敗だよ。

 

落ちて、悔しさを持って川越東に行った方が、今頑張れてたんじゃないか?

 

親として、子供を見ていて嬉しい瞬間は

 

「子供が頑張っている」

 

っていう姿を見れてる時じゃない?

 

中3の親なら分かるでしょ?

 

最後の学総。

 

力及ばず、負ける雰囲気が満たされても

 

子供は必死に最後まで頑張ったよね?

 

あの姿

 

あれこそ、親として子供を授かった最大の醍醐味なんじゃないの?

 

負けて泣き崩れる我が子に

 

負けて悔しさに顔を歪めている我が子に

 

「よく頑張ってた!」

 

と最大限の賞賛の気持ちを持ったでしょ?

 

あれだよ

 

あれ

 

もちろん、必死な頑張って勝ってる姿を見れるなら見たいよ。

 

でも

 

絶対にどこかで負ける。どこかで失敗する。

 

でもさ

 

負けたら終わり?

 

もうダメな子なの?

 

違うでしょ?

 

しばらくして立ち上がり、次の一歩を踏み出した我が子

 

その姿を見れることが大事なんじゃない?

 

結果はあくまでも結果。

 

特に高校受験なんて

 

本当にたいしたことじゃない。

 

これは絶対にそう。

 

高校の合否より

 

高1の1学期の定期考査の結果の方が

 

まじで絶対に重要

 

絶対に!

 

分かるかなー

 

分からない人もいるだろーなー

 

まあ、無意味に長く書いても仕方ない。

 

つまり

 

悩むのは仕方がないけど

 

子供に進ませる道に「正解がある」って思わない方がいい。

 

結果的に進むことになった道で

 

全力で頑張れるように支える。

 

親にとっては、悩むよりも大事なことだと思うよ。

 

まあ、覚悟を決めないと難しいけどね。