学力向上爆裂松江塾!

松江塾代表真島による何でもブログ!

「もう受かる」と思った瞬間

「受験は水物」

 

聞いたことはあるだろう。

 

つまり、どうなるか分からないってことね。

 

毎回の北辰や模擬テスト、直前の判定模試など

 

得意なはずの科目で点を落とす

 

苦手な科目のはずなのにできた

 

そういうことはいくらでもある。

 

特に国数英の三科に関しては

 

その時の意識、テンション、疲労

 

様々な要因で大きく点は変わる。

 

その要因の中で一番大きいのが

 

「もう受かる」

 

という心の余裕、油断だ。

 

ここからの2週間弱

 

この「油断」を心に置いたまま机に向かうのと

 

「危機感」を心に置いて机に向かうのとでは

 

当日の得点は大きく変わるはず。

 

それに、いくらなんでも当日に「油断」の心持ちではいられないでしょ?

 

当日は「危機感」「気合い」「覚悟」で心は満たされてるよね。

 

だったら練習の段階でもその気持ちを持っていることが

 

メンタル面でも練習になるじゃん?

 

塾生の中には、正直かなりの確率で合格できる子も多くなってきた。

 

でも、2週間

 

分からないよ?

 

何かが大きく変わるってこともあるからね。

 

入試当日、全教科が終わるまで

 

絶対に油断はしちゃいけないよ