川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

子育てにおけるペットの効能

我が家では息子が中2になる前に犬を飼い始めた。

 

現在では犬が2匹いる。

 

今では、子育てにおいてペットは不可欠だと考えるようになった。

 

我が子らに反抗期がなかったのも

 

「自分よりも圧倒的に弱い存在」

 

「癒してくれる存在」

 

がいたからではないか、とも思う。

 

ペット飼育と子育ての関係は、専門家がたくさんいるだろうし、そういうサイトも多いと思うので

 

そちらを検索してもらいたい。

 

とりあえず、我が家では

 

2人とも帰宅するとすぐに犬を呼び

 

ソファーのところで「ぎゅーっ」とする。

 

この「ぎゅーっ」に、とてつもない効能があるように思えてならない。

 

子供って、小さい頃は親に抱きつくじゃない?

 

あれって「本能」に近いくらいに感じない?

 

成長していく中で不可欠なものって感じだよね。

 

でも、小学生も中学年、高学年になると

 

なかなかできなくなるじゃん。

 

でも「必要性」と「欲求」は

 

絶対にあるはずなんだよね。

 

誰かを「ぎゅーっ」ってしたい。

 

それを満たすのが「ペット」

 

なんだと思うんだよね。

 

少なくとも我が子2人を見ていてそう感じる。

 

息子なんか、「ちゅっ」の連発だしね笑

 

んで、あまりにしつこくてキレられてるから笑

 

「ただいまー。ビビー!麦ー!」

 

「ワンワン♫」

 

「んー、ちゅっちゅっちゅっ!ちゅっちゅっ!ちゅっちゅっちゅっ!」

 

「ガルッ!」

 

これが毎日繰り返されている。

 

それで外で感じてきたストレスがリセットされるんだろうね。