川越の塾|川高川女合格専門! 爆裂松江塾!in 川越

松江塾代表真島による何でもブログ!

必ずいる「検診マスター」

内視鏡検査の順番待ち。

 

こういう健康診断系ってさ

 

必ずと言っていいほど

 

「マスター」

 

がいるよね。

 

毎回違う人なんだけど、やたらと

 

検診回数や過去の病歴なんかの話題で話しかけてくる人ね。

 

特に大腸の内視鏡検査って、

 

その検査方法のためか、緊張している人って多いじゃん?

 

結構年配の人が多い中で、僕なんかは若手だから

 

格好の餌食になる笑笑

 

「緊張してる?」

 

「すぐ終わるから怖がんなくていいよ!」

 

いや、ね

 

凄くいい人なんだよ?

 

それは間違いなくそう。

 

良い人

 

少しでも不安を和らげようとしてるんだね。

 

特にこの病院は、下剤を飲む部屋が個室で

 

そこに8人くらいが顔を合わせる状態でテーブルを囲むからね

 

明らかに初めてで、ど緊張してる人も多いから。

 

でもさ

 

過去の病歴とか、一昨年の内視鏡で大きいポリープが見つかって大変だったとか

 

知り合いが検査で大腸ガン見つかって、その半年後に亡くなった、とか

 

サービス精神なのか

 

ありとあらゆる話題を引っ張り出してくるのはさ

 

余計に不安煽ってるように思えるんだけど笑笑

 

「あなた、若いのに偉いね。初めて?私は3回目だから慣れたもんよ」

 

えーっとですねー

 

僕は29歳の頃に発病してるんで

 

10回?11回?

 

そんなもんなんで、慣れを通り越して「ルーティン」なんですが笑笑

 

まあ、言わなかったけどさ笑笑

 

もしかしたら生徒のお爺ちゃんって可能性もあるので

 

失礼のないように対応しておきました。

 

でも

 

検査前の人に病気が見つかって亡くなる話題はタブー